SHAPEDAYS.JP
SHAPEDAYS.JPSHAPEDAYS.JP



























むくみの予防改善 着圧ソックス オーバーニー オープントゥータイプ

むくまナイトソックス

商品コード:
CA00-0021-BKL~CA00-0021-BKM
メーカー希望小売価格
2,200円 (税込)
販売価格
2,200 円 (税込)
送料無料

ポイント還元

20pt

当日~3営業日以内に発送予定(発送業務休業日を除く)

メーカー:
SHAPEDAYS
JANコード:
4582116757734
製造番号:
4582116757734

【サイズ】

Mサイズ Lサイズ

×…売り切れ

商品説明
一般医療機器 機械器具12理学診療用器具 一般医療機器弾性ストッキング31724000 届出番号37B3X10003000008
使用目的・効果 本品は下肢の静脈血、リンパ液のうっ滞を軽減又は予防する等、静脈還流の促進を目的に使用される医療用の弾性ストッキングである。抹消部から中枢に向かい漸減的に圧迫を加える機能を有する。
むくみ解消 むくみ軽減 むくみ対策 浮腫み 夜用 ナイトソックス 夜用靴下 就寝 寝るとき 靴下 おやすみソックス
素材 ナイロン・ポリウレタン・ポリエステル
サイズ
(目安)
●Mサイズ
太もも/45~53cm
ふくらはぎ周り/30~38cm
足首周り/19~23cm
足サイズ/22~24cm

●Lサイズ
太もも/50~60cm
ふくらはぎ周り/34~42cm
足首周り/21~25cm
足サイズ/23~25cm
洗濯方法 洗濯は30℃以下のぬるま湯で、洗濯ネットを使用し、弱い洗濯処理をすること。直射日光を避け陰干しをすること。塩素系漂白剤、柔軟剤、タンブラー乾燥機、ドライクリーニング、アイロンは繊維を劣化させる恐れがあるので使用しないこと。
注意 1.使用注意(次の患者には慎重に適用すること)
 1)ギプス、外傷等により装着部位が長時間不動状態にある場合は
  慎重に使用すること。[潜在的に静脈血栓が存在しているおそ
  れがある為]
 2)術後等患者の意識レベルが低い場合及び患者との意思疎通が困
  難な場合には患者の状態をよく観察して使用すること。[血行
  障害を起こしても認識できないおそれがある為]
2.重要な基本的注意
 1)適切な圧迫力を得るため、装着部位の規定箇所を必ず測定し正
  しいサイズの本品を選択すること。またサイズ適用外の場合に
  は使用しないこと。
 2)本品を折り返して使用しないこと。[血行障害や神経障害等を
  引き起こすおそれがある為]
 3)しわ、たるみのないように装着すること。 装着中にたるんだ
  り、しわが寄ったり、ずり落ちたり、誤った位置に装着され
  ている場合には正しく装着しなおすこと。[適切な圧迫力が得
  られず、また血行障害や神経障害及び圧迫性潰瘍を引き起こす
  おそれ がある為]
 4)腫脹の軽減等により装着中に各部位の周径が変わった場合は、
  適切なサイズに変更すること。
 5)装着するときは、強く引っ張り上げると破損することがあるた
  め、少しずつ引き上げること。
 6)本品をはさみで切るなどの加工、修理を行わないこと。
 7)本品は個人用の製品であり、他人への使いまわしはしないこ
  と。
 8)軟膏などの薬品や油脂、溶剤等が付着すると繊維が劣化するお
  それがあるので、付着しないようにすること。
 9)本品に破損(伝線、ほつれ、破れ等)がないことを確認して
  から装着すること。[破損がある場合は、適正な圧迫力が得
  られないことがある為]
 10)本品は繊維製品のため、次のような場合には破損(伝線、 ほ
  つれ、破れ等)及びそのおそれがあるので注意すること。
  1.爪が伸びていたり、反っていたりする足への着用
  2.肌荒れした手や伸びた爪での取扱い
  3.鋭利なものへの接触
3.併用注意
 1)空気圧式マッサージ器、弾性包帯、テーピングなどを併用する
  場合は、血行障害や皮膚炎症を防ぐため、本品を正しく装着し
  てから当該機器を使用するとともに、適宜患者の状態を確認す
  ること。[過度の圧迫や擦れが加わるおそれがある為]
4.不具合・有害事象
 1) 不具合
  1.破れ・ほつれ
   装着時・装着中に、足の爪が伸びていたり、反っていたりす
   ると、伝線の原因となるおそれがある。
  2.変色
   開封した状態で長時間紫外線の照射を受けたり、高湿度の場
   所に長時間保管すると、変色の原因となるおそれがある。
 2)重大な有害現象
  1.血行障害
   チアノーゼ、腫脹、疼痛、しびれ、皮膚の冷感等、血行障害
   が現れた場合には直ちに使用を中止し、医師に相談するこ
   と。
  2.神経障害
   腓骨神経麻痺等の神経障害が現れた場合には直ちに使用を中
   止し、医師に相談すること。
  3.皮膚障害
   本品のずれ、圧迫等により、皮膚潰瘍等の皮膚障害が現れた
   場合には直ちに使用を中止し、医師に相談すること。
 3) その他の有害事象
  1.本品装着部位に発赤、水疱、かゆみ、発疹、かぶれなどの皮
   膚障害が現れた場合には直ちに使用を中止し、医師に相談す
   ること。本品を脱いだ後で皮膚障害が現れた場合は同様に医
   師に相談すること。
  2.本品の使用により、脚に疼痛、しびれ、皮膚や爪の変色、
   装着部位の皮膚温の低下、かゆみ、発疹、かぶれ等の異常及
   びその他装着前に感じなかった不快感、違和感が生じた場合
   は、直ちに使用を中止すること。[動脈及び静脈の血行障害
   又は総腓骨神経麻痺等の神経障害等を発症するおそれがある
   為]

商品レビュー